Scuole di eccellenza スクオレ・ディ・エッチェッレンツァ

この分野の特徴

イタリアには、スクオレ・ディ・エッチェッレンツァとよばれる、いわゆるエリート養成機関の大学院大学があります。もともとは、博士課程およびそれ以降の研究者のための専門大学でしたが、現在は、学部から設置されている大学もあります。
一般の大学に比べよりインターディシプリナリーな科目が多いのも特徴です。また、他の研究機関と密接に連携を行っているので、一般の大学以上に研究の現場と直接の交流があります。
スクオレ・ディ・エッチェッレンツァのクオリティを示すものは、ここで学ぶ学生たちそのものです。厳しい入学試験を突破し狭き門をくぐり抜けてきた学生たちには、少数精鋭型で真のエリート教育の場が用意されています。
また、他大学、国や地方自治体の研究所との交流や共同研究も積極的に行われており、外国人留学生も多く受け入れています。さらにトップレベルでの国際的な大学間のネットワークは、さらなる飛躍への鍵となるでしょう。
入学試験に合格すると、寮や食事も提供されるなど、経済的にも優遇されており、奨学金制度も充実しています。

12のスクオレ・ディ・エッチェッレンツァ

Topics

  • スクオラ・ノルマーレ・スーペリオーレ・ディ・ピサ(ピサ高等師範学校)は、フランスのグランゼコール同様、最も優秀な学生のための専門研究機関として、1810年にナポレオンにより設立されました。当初は文学と自然科学のみでピサ大学の付属組織でしたが、1932年に独立、ほかの学部も追加されました。
  • 1999年創立と比較的新しいISUFI di Lecceでは、イタリア各地の大学との連携の下、経済や理工系など実務に強く、かつ国際的に活躍できる学生の育成をめざしています。米ボストンのマサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、バークレイ大学、コロンビア大学などとの共同研究を行っています。

ここもチェック!

大学・大学院留学の特徴とメリット

イタリア大学の教育システム

留学前に必ずチェック

イタリア留学する前に読んで準備に役立てましょう。