出願書類の取得方法

大学・音楽院・美術学院の留学希望先への入学申請を行なう際に、「www.universitaly.it」での申請方法や必要提出書類の取得方法などを案内します。

該当する高等教育留学のカテゴリー

www.universitaly.it 」は、イタリア大学省が運営する高等教育専用サイトで留学希望者(出願者)からの出願申請データが留学希望先に直接登録されるシステムです。不明な点がある場合は、当館にお問い合わせいただくことも可能ですが、システム上当館に情報が無いため、お答えできないことも多数あります。

留学手続きを開始するために必要な「www.universitaly.it」での登録方法などに関しては、下記の参考資料を確認してください。

「www.universitaly.it」アカウント作成の参考資料

留学手続きの流れSTEP3 イタリア大学省の高等教育専用サイト「www.universitaly.it」でオンライン登録
留学手続きを開始するには、まずイタリア大学省の高等教育専用サイト「www.universitaly.it」で個人情報などを入力し、アカウントを作成してオンライン登録を済ませる必要があります。下記の資料を参考にしてアカウント作成の登録を行ってください。

「www.universitaly.it」留学希望先への入学申請方法​

留学手続きの流れSTEP4 留学希望先への入学申請を行なう
イタリア大学省高等教育専用サイト「www.universitaly.it」で留学希望先に入学申請のオンライン登録を完了させる必要があります。下記の資料を参考にして入学申請を行ってください。

「www.universitaly.it」入学申請の受理(認証)

留学手続きの流れSTEP6 入学申請の受理(認証) 
留学希望先への入学申請を完了させると、留学希望先が登録データを審査します。後日留学希望先から届く申請受理の有無の通知を、下記の資料を参考にして、「www.universitaly.it」で確認してください。

 

入学申請に必要な学位

イタリアでは入学申請を行う際には、日本のように最終学歴ではなく、申請に必要な最低限の学歴を証明するのが一般的です。下記の学位以上の卒業・修了証明書を出願先の教育機関に提出したい場合は、直接出願先の教育機関にお問い合わせ下さい。

「高等学校卒業」の学位を提出するコース

  • 大学3年課程のBachelor’s degree
  • 大学一貫コース(5~6年制)Combined Bachelor’s / Master’s degree program
  • 音楽院/美術学院3年課程のBachelor’s degree(Corso di Diploma Primo Livello)
  • ファッション/デザインなど美術系専門学校の学位取得コースBachelor’s degree(Corso di Diploma Primo Livello)

「大学卒業」の学士号を提出するコース

  • 大学2年課程のMaster’s degree
  • 音楽院/美術学院2年課程のMaster’s degree(Corso di Diploma Secondo Livello)
  • 大学1年課程のFirst Level Professional Master / Specializing Master

「修士課程」の修士号を提出するコース

  • 大学1年課程のSecond Level Professional Master / Specializing Master
  • 大学院3年課程のPhD

日本国内出身校の書類取得方法

Step 1) 出身校の卒業証明書と成績証明書を各1部取得する
Step 2) 日本国外務省でアポスティーユあるいは公印証明を受ける
Step 3) 卒業証明書・成績証明書のイタリア語翻訳を依頼する

注意! 特別なケース
  1. 高校卒業程度認定試験合格証明書と合格成績証明書の場合:日本国文部科学省で取得してくだい。
  2. 日本国内のインターナショナルスクールを卒業している場合:下記の手続きが一部該当しないことがあります。はじめに在日イタリア大使館、あるいは在大阪イタリア総領事館に手続き詳細を問合せた上で、手続きを行って下さい。
  3. イタリアも含め、日本国外の高等学校や大学を卒業している場合:特別な手続きが必要です。こちらをご参照ください。

Step 1) 出身校の卒業証明書と成績証明書を各1部取得する

「高等学校卒業」の場合
下記の条件を満たすものを学校側に発行してもらって下さい。留学の決め手になる一番重要な書類であり、一事項でも不足すると不備となるので、注意して下さい。書式に項目が追加できない場合は、書式内に追記(手書きも可)してもらって下さい。
学士号・修士号の場合

出願先のイタリアの大学から授業内容証明書の提出を求められているケースがあります。決まった書式はありませんので、出身大学に相談して英文、あるいは和文で作成してもらって下さい。なお、和文の場合はイタリア語翻訳が必要です。

 

Step 2) 日本国外務省でアポスティーユあるいは公印証明を受ける

Step 1)で取得した卒業証明書と成績証明書、あるいは 高校卒業程度認定試験合格証明書と合格成績証明書に、日本国外務省(または外務省大阪分室)でアポスティーユあるいは公印証明(公印確認)を受けて下さい。
<必要な証明の種類>
注意!
アポスティーユ・公印証明の付与は発行後3ヶ月以内の文書にしかつけられません。

申請方法日本国外務省のウェブサイトで入手可能
受付時間・問合わせ先・住所日本国外務省

Step 3) 卒業証明書・成績証明書のイタリア語翻訳を依頼する

注意! 
イタリア語翻訳が不要な場合
留学希望大学の規定により、英語で発行される卒業証明書・成績証明書も受付可能な場合は、イタリア語の翻訳を作成する必要はありません。 イタリア語の翻訳が不要で、英語で発行されている卒業証明書・成績証明書の受付が可能であることを証明する留学希望大学からの通知書や大学の規定が記載されたホームページのプリントアウトなどの提示が在日イタリア大使館、あるいは在大阪イタリア総領事館に求められることもありますので、予めご用意ください。
イタリア語翻依頼方法

卒業証明書と成績証明書のイタリア語翻に関しては、下記の手順で進めてください。

  1. 翻訳者選びに関しては、住民登録がある都道府県によって異なります。
    a) 在日イタリア大使館が管轄する地域(北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、山梨県、長野県、新潟県)に住民登録がある場合は、
    在日イタリア大使館が案内する指定翻訳者リストを参照してください。

    b) 在大阪イタリア総領事館が管轄する地域(富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、兵庫県、和歌山県、鳥取県、岡山県、広島県、島根県、山口県、香川県、徳島県、高知県、愛媛県、福岡県、佐賀県、大分県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)に住民登録がある場合は、
    在大阪イタリア総領事館が案内する指定翻訳者リスト、あるいは在日イタリア大使館が案内する指定翻訳者リストを参照してください。

  2. 卒業証明書と成績証明書の原本を翻訳者に送って下さい。翻訳作業時間短縮のため、先にスキャンしたデータをメールで送ることも可能です。
  3. 卒業証明書は下記のガイドラインに沿って、見本を必ず使用するように訳者に依頼して下さい。
      翻訳のガイドライン
      高等学校卒業証明書翻訳の見本
      大学卒業証明書翻訳の見本
    成績証明書の見本はありませんが、学位や学校名などの翻訳は、卒業証明書と必ず統一させて作成して下さい。
    卒業年月日や文書発行日、個人データ等に関して、間違えがないようにして下さい。

在日イタリア大使館が管轄する住民登録地:

下記の都道府県に住民登録をされている方のみ在日イタリア大使館で手続きが可能です:
北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、山梨県、長野県、新潟県

等価証明書 Declaration of Value (Dichiarazione di Valore)の取得方法:

上記の提出書類「卒業証明書と成績証明書」の通り、日本国外務省でアポスティーユあるいは公印証明(公印確認)を受けた卒業証明書・成績証明書に対して、等価証明書 Declaration of Value (Dichiarazione di Valore)を取得する方法は2つあります。

注意! 等価証明書が不要な場合

留学希望先から届いた「合格通知書(合格証明書)」や「Lettera di idoneità all’immatricolazione / Enrolment eligibility letter」、またはガイダンス等で、「等価証明書 Declaration of Value (Dichiarazione di Valore) が不要」であると指示されることもあります。「不要」とされている場合は下記の手続きを行なう必要はありません。

a) 翻訳者が等価証明書の手続きを代行する

卒業証明書・成績証明書のイタリア語翻訳を依頼した翻訳者に等価証明書の取得手続きの代行を依頼します。
STEP 1)「Richiesta documentazione di studio」申請書を記入し、翻訳者に送付

在日イタリア大使館に等価証明書の取得手続きを無料で行なうため、下記の申請書の「Richiesta documentazione di studio」申請書をダウンロードしてA4サイズで印刷して下さい。
「Richiesta documentazione di studio」見本を参考に、必要事項をご記入のうえ署名してください(ペン書きのみ。消せるボールペン、鉛筆不可)。「翻訳者記載欄」の記入を翻訳者に依頼して下さい。
 「Richiesta documentazione di studio」申請書
 「Richiesta documentazione di studio」見本Bachelor’s Degree留学希望用
 「Richiesta documentazione di studio」見本Master’s Degree/PhD留学希望用

記入が済みましたら、パスポートのコピーと一緒に翻訳者に郵送して下さい。
STEP 2) 翻訳者に等価証明書の取得手続きの代行を依頼する

翻訳者が在日イタリア大使館に下記の書類を提出し、等価証明書の取得手続きを代行して行います。

在日イタリア大使館に提出するもの
  • 日本国外務省のアポスティーユ/公印証明を得た卒業証明書と成績証明書の原本
  • 卒業証明書と成績証明書のイタリア語翻訳
  • 記入済みの「Richiesta documentazione di studio」申請書の原本
  • 申請者本人のパスポートのコピー
  • 申請者本人宛の日本郵便レターパックライト 1通
    レターパックの宛先にはご自身の受け取り可能な日本国内の送付先住所を必ず記入しておいて下さい。
提出方法
  • 翻訳者が在日イタリア大使館に確認の上、上記書類一式を在日イタリア大使館領事部に提出して下さい。
提出締切日在日イタリア大使館に要確認。
STEP 3) 書類一式を受け取る

在日イタリア大使館で等価証明手続きが終了した後、申請者本人宛の上記の日本郵便レターパックライトを使用して、書類一式は申請者に送付されます。

b) ご自身で等価証明書の手続きを行う

STEP 1)「Richiesta documentazione di studio」申請書を記入する

在日イタリア大使館に等価証明書の取得手続きを無料で行なうため、下記の申請書の「Richiesta documentazione di studio」申請書をダウンロードしてA4サイズで印刷して下さい。
「Richiesta documentazione di studio」見本を参考に、必要事項をご記入のうえ署名してください(ペン書きのみ。消せるボールペン、鉛筆不可)。「翻訳者記載欄」の記入もご自身で行ってください。
 「Richiesta documentazione di studio」申請書
 「Richiesta documentazione di studio」見本Bachelor’s Degree留学希望用
 「Richiesta documentazione di studio」見本Master’s Degree/PhD留学希望用

STEP 2) 在日イタリア大使館に書類一式を提出
在日イタリア大使館に提出するもの
  • 日本国外務省のアポスティーユ/公印証明を得た卒業証明書と成績証明書の原本
  • 卒業証明書と成績証明書のイタリア語翻訳。但し、原本は英語で発行されている場合は伊語翻訳は不要。
  • 記入済みの「Richiesta documentazione di studio」申請書の原本
  • 申請者本人のパスポートのコピー
  • 申請者本人宛の日本郵便レターパックライト 1通

レターパックの宛先にはご自身の受け取り可能な日本国内の送付先住所を必ず記入しておいて下さい。

提出方法在日イタリア大使館に確認の上、上記書類一式を提出して下さい。
提出締切日在日イタリア大使館に要確認。
 
STEP 3) 書類一式を受け取る

在日イタリア大使館で等価証明手続きが終了した後、申請者本人宛の上記の日本郵便レターパックライトを使用して、書類一式は申請者に送付されます。

在大阪イタリア総領事館が管轄する住民登録地:

下記の都道府県に住民登録をされている方のみ在大阪イタリア総領事館で手続きが可能です:
富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、兵庫県、和歌山県、鳥取県、岡山県、広島県、島根県、山口県、香川県、徳島県、高知県、愛媛県、福岡県、佐賀県、大分県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

等価証明書 Declaration of Value (Dichiarazione di Valore)の取得方法:

上記の提出書類「卒業証明書と成績証明書」の通り、日本国外務省でアポスティーユあるいは公印証明(公印確認)を受けた卒業証明書・成績証明書に対して、等価証明書 Declaration of Value (Dichiarazione di Valore)を取得する方法は2つあります。

注意! 等価証明書が不要な場合

留学希望先から届いた「合格通知書(合格証明書)」や「Lettera di idoneità all’immatricolazione / Enrolment eligibility letter」、またはガイダンス等で、「等価証明書 Declaration of Value (Dichiarazione di Valore) が不要」であると指示されることもあります。「不要」とされている場合は下記の手続きを行なう必要はありません。

a) 翻訳者が等価証明書の手続きを代行する

卒業証明書・成績証明書のイタリア語翻訳を依頼した翻訳者から在大阪イタリア総領事館に書類一式を提出するように依頼して下さい。なお、イタリア大使館領事部が案内する指定翻訳者に依頼した場合は、翻訳者が直接在大阪イタリア総領事館に出向けないことがありますので、予め確認して下さい。

STEP 1) 委任状を記入し、翻訳者に送付

下記の委任状見本をダウンロードし、A4サイズで印刷し、ご記入ください。
 委任状見本

記入が済みましたら、戸籍抄本と住民票のコピーと一緒に翻訳者に郵送して下さい。

STEP 2) 翻訳者に等価証明書の取得手続きの代行を依頼する

翻訳者が在大阪イタリア総領事館に下記の書類を提出し、等価証明書の取得手続きを代行して行います。

在大阪イタリア総領事館に提出するもの
  • 委任状
  • 戸籍抄本と住民票のコピー
  • 日本国外務省の認証を得た卒業証明書と成績証明書の原本
  • 卒業証明書と成績証明書のイタリア語翻訳
  • 申請者本人宛の日本郵便レターパックライト 1通
    レターパックの宛先にはご自身の受け取り可能な日本国内の送付先住所を必ず記入しておいて下さい。
提出方法

翻訳者が在大阪イタリア総領事館に確認の上、上記書類一式を提出して下さい。

提出締切日在大阪イタリア総領事館に要確認。
 
STEP 3) 書類一式を受け取る

在大阪イタリア総領事館で等価証明手続きが終了した後、申請者本人宛の上記の日本郵便レターパックライトを使用して、書類一式は申請者に送付されます。

b) ご自身で等価証明書の手続きを行う

STEP 1) 在大阪イタリア総領事館に書類一式を提出
在大阪イタリア総領事館に提出するもの
  • 日本国外務省のアポスティーユ/公印証明を得た卒業証明書と成績証明書の原本
  • 卒業証明書と成績証明書のイタリア語翻訳。但し、原本は英語で発行されている場合は伊語翻訳は不要。
  • 戸籍抄本と住民票の写し1部ずつ
  • 申請者本人宛の日本郵便レターパックライト 1通

レターパックの宛先にはご自身の受け取り可能な日本国内の送付先住所を必ず記入しておいて下さい。

提出方法在大阪イタリア総領事館に確認の上、上記書類一式を提出して下さい。
提出締切日在大阪イタリア総領事館に要確認。
 
STEP 2) 書類一式を受け取る

在大阪イタリア総領事館で等価証明手続きが終了した後、申請者本人宛の上記の日本郵便レターパックライトを使用して、書類一式は申請者に送付されます。

イタリア大学省の高等教育専用サイト「www.universitaly.it」でのオンライン登録が導入された2020年より、留学希望先から入学申請が受理(認証)されたかどうかオンラインで確認することはできるようになりました。

しかし、書面やPDF形式などで「Lettera di idoneità all’immatricolazione (Lettera di idoneità accademica) / Enrolment eligibility letter」を発行する教育機関はまだあります。
留学希望先の事前評価を受け、合格レベルに達している場合、留学希望先からイタリア大学省の規定を満たした「Lettera di idoneità all’immatricolazione (Lettera di idoneità accademica) / Enrolment eligibility letter」を発行してもらい、出願手続き時に提出する必要があります。


「Lettera di idoneità all’immatricolazione (Lettera di idoneità accademica) / Enrolment eligibility letter」の書式

イタリア大学省が規定した書式に則って作成された文書のみ受付可能です。規定書式はイタリア大学省のサイトからダウンロードできます。

留学希望先側から受け取った上記書類が基準を満たしているかどうかについては、在日イタリア大使館或いは在大阪イタリア総領事館のビザセクションで確認してもらって下さい。

 

留学前に必ずチェック

イタリア留学する前に読んで準備に役立てましょう。