• HOME
  • イタリアの魅力
  • 留学スタイル
  • イタリア留学情報
  • 留学手続き
  • 奨学金
  • イタリア留学フェア

インターンシップ

 
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

インターンシップ

職業に直結するイタリアのインターンシップ

日本でインターンシップと言えば、学生が在学中に企業などで研修生として働いて就業体験を得る制度として知られています。イタリアでは、こうした就業体験を目的としたインターンシップに加えて、各職業分野で専門的なスキルを身につけ、実践的な経験を積んで、そのまま職業に結びつけていく経験型のインターンシップが盛んに行われ、学生のみならず幅広い層の人たちが参加しています。

インターンシップの特色

1

伝統技術を身につけることができます

イタリアも日本と同様に長い歴史を誇る伝統工芸があります。革工芸、ジュエリー、ガラス、服飾、陶芸などの分野では、イタリア各地で異なる独特の技法や伝統を守り続ける工房がたくさんあり、イタリアの経済や産業を支える重要な役割を果たしています。こうした工房でイタリアの伝統技術を身につけて、帰国後職人として職業に結びつけるケースも年々増えています。

2

職業に直結する実務が体験できます

イタリアが最先端である食文化、ファッションなどの分野においては、基礎を学んでから、現場で実践的なキャリアを積んで職業にするケースも多く見られます。例えば、レストランからシェフ、ワイナリーからソムリエ、デザイン事務所からデザイナーなどのさまざまな仕事に直結しています。イタリアならではの分野で自分の可能性を広げることができます。

3

初心者からプロフェッショナルまで対応しています

初心者向け
  • 初めての分野で職業体験をする。
プロフェッショナル
養成
  • 専門的な業種で本格的な専門知識や技術を身につける。
  • すでに持っている専門スキルに実践的なキャリアを積む。

インターンシップに参加する方法と注意

インターンシップに参加するためには

インターンシップ・プログラムを実施している団体を通して申し込むか、語学学校や専門学校などのプログラムにインターンシップが組み込まれたコースを受講することになります。

プログラム・コース選択の際には

はじめての職業体験的なもの、特定の業種で本格的に専門知識や技術を身につけるもの、すでに専門的なスキルがあってレベルアップや実務を積むためのもの等に大きく分かれます。準備段階での情報収集や、プログラム・コース選択では、注意が必要です。

その他の注意

インターンシップ・プログラムの参加には18 歳以上で、例外を除いて中級レベル以上のイタリア語が求められます。原則としてインターンシップによる報酬はありません。

 
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
 

最新の情報を配信中!

FacebookTwitterBLOG
 
お問い合わせ 留学情報NEWS

イタリアの様々な学校が検索できます

学校検索

留学に関するよくあるご質問

留学Q&A

イベントや手続きの日程はこちら

留学カレンダー
 

 

ISTITUTO ITALIANO DI CULTURA -TOKYO イタリア文化会館 東京 学校検索 留学Q&A 留学カレンダー